神楽坂ガールズバー.jp

【 アルバイト求人募集! 】 東京・神楽坂(飯田橋)の人気ガールズバー 「神楽坂ガールズバーN」 のサブブログです。 東西線「神楽坂」、有楽町線「江戸川橋」より近く。

a0007_000003

※ こちらのブログは、サブブログなので、メインブログで書けない事を書いています。

初めての方は、サイト、メインブログを見てやってください!

o0300010013140910595 (1) n

今回は、男性スタッフ向けに書きます。

お店で働いていて、疲れが出るというのは、オペレーションに問題があると思ったほうがいいです。

なんか、お客様サービスをしている人間が、疲れについて書いてしまうのは、お客様に対して失礼なのは、重々承知ですが・・・

より良いお店にする為、書いていきます。

0004

神楽坂ガールズバーNは、12坪で、ウェイティング席を除くと、17席しかありません。

江戸川橋ガールズバーMeetは、10坪10席しかありませんし。

店内を、端から端まで動いても、10歩くらい。

別に、重い荷物を持っているわけでもありませんし、

大人の男性なら、10歩の距離を、いくら移動しても、そうそう疲れないです。

これで疲れるとしたら、オペレーションの問題、回し方の問題の可能性が大きいです。

【 原因① 】

自分で、ペースを支配できていない。

"ペースを支配する" というのは、どういう事か?というと、

店内に耳を研ぎ澄ませ、目を配って、お客様に頼まれる前に、自分でドリンクを作り始める。

「 お客様に頼まれてから作る 」 となると、自分でペースをコントロールのできなくなり、どんどんワタワタしていってしまいます。

こうなると、どんどん業務が積み重なっていった時、回らなくなる。 さらに、ドリンクを催促されてしまったり、どんどん焦ってしまい、悪いサイクルに入っていきます。

狭いお店なので、しっかり店内に耳を研ぎ澄ませ、目を配り、自分でペースを支配できるようにしていきましょう!

【 原因② 】

優先度がわかっていない。

「 忙しい 」と感じるのは、精神的に焦ってしまっているからです。

同時間に業務が重なっても、しっかり正しい優先度が分かっていたら、淡々と進めていけばいいだけです。

お店が忙しくない時間にも、「 今は、何からやるべきか? 」を考えて、仕事をする事で、優先度が身についてきます。

【 原因③ 】

無駄な動きが多い。

「 1つの動きで2つの業務をやる 」が徹底できていない。

ドリンクをお持ちしたら、帰りには、グラスを下げる、灰皿を交換する、ゴミを拾う etc

一つの業務で終わってしまわないようにする。

 「 1つの動きで2つの業務をやる 」を徹底していきましょう!

a0006_000031

会社の社訓である「 言い訳しない 」マインドが必要です。

疲れてしまうとしたら、

「 疲れたなぁ・・・ 」で終わってしまったら、意味がないので、

「 なぜ疲れてしまうんだろう? 」



「 回し方に問題があるのでは? 」



「 では、どこを直せば疲れなくなるか? 」

と、考えなくてはいけません。

上記がバッチリできていても疲れるのだとしたら、それは、根本的な体力不足なので、

「 じゃあ、鍛えよう 」

と、考えるのが、生産的です。

僕は、毎日ジム通いをしていて、月間100キロ以上走りこみをしていますし、
普段、エレベーターは基本使わないで、階段移動ですし、
毎日、亜鉛や、にんにく卵黄油とか、必要サプリを摂って、健康、体調管理をしています。

僕は、健康マニアなので、やっている事を書いたら、終わらなくなってしまうくらい、色々な事をやっています。



上記をやっても、疲れてしまうのだとしたら、

現場でお店を回す「 プレイヤー 」から、
人を動かす「 マネージャー 」のポジションへのチェンジが必要です。

今から、マネジメントについて学び始め、マネージャーに、ポジションチェンジができる方向に努力すべき。

まとめると、

・ 言い訳しない精神を持つ
・ 「自分が将来どうなっていたいのか?」 を考える事が必要です。


というわけで、ウザい上司の投稿でしたー。



・ 神楽坂ガールズバーN メインサイト
・ 神楽坂ガールズバーN ブログ
・ 神楽坂ガールズバーN Twitter

a0002_012128

※ こちらのブログは、サブブログなので、メインブログで書けない事を書いています。

初めての方は、サイト、メインブログを見てやってください!

o0300010013140910595 (1) n

なぜ、メインブログがありながら、サブブログを書くのか?というと、以前も書きましたが、「神楽坂ガールズバー 上位表示への道

SEO対策、検索で上に出す事が意向です。

簡単に説明すると、

「 神楽坂 ガールズバー 」で検索すると、1位2位4位は弊店のサイトですが、

3位が他ガールズバーさんのサイトなので、この位置を狙う為のサイトとして、「神楽坂ガールズバー.jp」を作りました。


サイトにコンテンツを書く前は、Googleで100位以下だったのですが、たった5日で、現在45位にまで上がってきています。

45位というと、4ページ目の真ん中くらいですね。

まだまだ、検索したユーザーからは、引っかかる位置ではありませんが、このまま記事を溜めていけば、TOPページに入ってくるのは余裕でしょう。

飲食店経営の中でも、「 ガールズバー経営 」とか「 キャバクラ経営 」等、いわゆるナイトワークは、ネット戦略というのに取り組んでいるお店は少ないです。

実は、ここが狙い目で、ネット戦略によって、うちのガールズバーのように、三等地でも集客できる、重要な力となっています。

お客様だけでなく、キャストも同じで、求人にも大きな力となっており、

そのコスト削減の価値は、年間数百万に匹敵します。

複数の他店さんからも、「 Twitterの活用をどうしているんですか?」とか、聞いていただけたりしますし、

某社から、ネットの採用の仕事をやってくれと頼まれる事もあるノウハウなんです。


我々は、これから、しばらく、ガールズバーの出店を増やしていこうと思っているのですが、5年計画で準備しているネットの戦略がたくさんあります。

いや、これすごいんですよ。 本当。

なんだか、自慢っぽい話になってしまって、恐縮ですが、何が言いたいのかというと、

「 男性スタッフは、この業界でもTOPクラスにある、ネット集客のノウハウが学べますよ。」 

という事。

今、男性スタッフ求人に力を入れているので、ついでに書いておきました。

男性スタッフの皆さん、そんなノウハウが学べるガールズバーなんて、良いでしょう?(二回目)

a0001_016682

今回の記事は、

飲食店、ガールズバーのブログなのか、ネット関連のブログなのか、わからない内容ですが、僕の仕事は、" 飲食店経営 "でありながら、" デスクワーク "なんですね。
 
夜、ガールズバーが営業している時間は、僕は仕事を終えているので、飲みに行っており、

キャストからしたら、「 いつも酒飲んで酔っ払っている人(しかも、店に来たら文句ばかり言っている)」 というイメージなので、それの説明の為にも書いておきます 笑

昔からいるキャストは、僕が現場でバリバリ働いているところを見ているから、威厳は保っているが、

新しいキャストからしたら、完全に酔っ払い扱いだ。

僕の仕事は、ネット戦略のデスクワークなんですよ。(二回目)

新しいキャストの皆さん、白い目で見ないでくださいよ!



・ 神楽坂ガールズバーN メインサイト
・ 神楽坂ガールズバーN ブログ
・ 神楽坂ガールズバーN Twitter 

a1370_000003

※ こちらのブログは、サブブログなので、メインブログで書けない事を書いています。

初めての方は、サイト、メインブログを見てやってください!

o0300010013140910595 (1) n

お店のキャストに

「 なぜ、変な男性スタッフばかり雇うんですか?」

と聞かれる事があります。

「 そんな変なスタッフばかりなのか!?」 と思われたら、求人減ってしまうかな・・・

フォローとかではなく、皆良い人間なんですよ。

んで、なぜ、変な男性スタッフばかり雇うのか? というと、

理由は、2つあって、

  • 1つ目は、僕が変な人が好きだから。
  • 2つ目は、変な人しか働いてくれないから 笑



1つ目から、説明していきます ▽

僕自身、中卒の、社会人経験はない、元ミュージシャンですし、ADHD(多動性障害)で、普通に会社勤めができる人間ではないんです。

僕の他にも、元ミュージシャンもおりますし、元アウトロー、障害を持っている人、常軌を逸したアホ etc

変な人なのもあるけど、社会的にマイノリティーなんです。

うちのスタッフは、他で働ける人間ではありません。

でも、僕は、そういう人間のほうが、" 仲間 " になれると思っているんですよね。


だって、辞めても行く先がないから 笑

友人のいない僕は、" 仲間 "とか、" コミュニティ "を、会社に求めているんだと思います。

故に、福利厚生も何もない、超ベンチャーですが、社員の定着は良いですね。



2つ目を説明していきます ▽

誤解を恐れずに言うと、ベンチャーに、飛び抜けて優秀な人なんて入らないんですよ。

大手企業にいて、めちゃくちゃな実績を残して、独立したなら別ですよ。

僕が、読んだ本に書いてあったんです。

「 ベンチャーは、ガラクタを使いこなして大きくしていくしかない 」
と 笑

それに、僕は、「 配られたカードで勝負するしかない 」と思っているんです。

我が社の社訓の「 言い訳しない 」というマインドが影響を与えています。

「 うちの社員がダメで~」 とか言っている社長なんてダメです。

良い社員を雇えないレベルの会社なだけですし、良い社員にできないのは経営者のレベルが低いだけです。

キャストからしたら、やりづらい事もあるかもしれないですが、確実にレベルアップしているので、気長に見守ってやってもらえると嬉しいです。



・ 神楽坂ガールズバーN メインサイト
・ 神楽坂ガールズバーN ブログ
・ 神楽坂ガールズバーN Twitter    

↑このページのトップヘ