神楽坂ガールズバー.jp

【 アルバイト求人募集! 】 東京・神楽坂(飯田橋)の人気ガールズバー 「神楽坂ガールズバーN」 のサブブログです。 東西線「神楽坂」、有楽町線「江戸川橋」より近く。

FullSizeRender (15)

※ こちらのブログは、サブブログなので、メインブログで書けない事を書いています。

初めての方は、サイト、メインブログを見てやってください!

o0300010013140910595 (1) n

写真は、記事とは関係ありませんが、毎月滞在する熱海のホテル。

熱海について書いた記事:「最高のガールズバーとは何か?



今日も雑記として、色々書いていきます。

・ ネットの施策について

しばらくは、検索対策のモチベーションが上がっており、メインブログは、1週間連続で更新しております。

コツコツ書き溜めており、毎日11:50に予約投稿をしています。

そして、過去記事のリライト作業も行っています。

名称未設定-1

プロブロガー イケダハヤトさんも書いていて、ちょっと、リライト作業のモチベーションが上がりました。

他にも、Twitterの活用や、"ガールズバーのオウンドメディア" を作っていたり、"神楽坂エリアのグルメサイト" も運用していたりと、こっそりやっているネットの施策はたくさんあります。

6522712d05acf669c9676d8526d2636a_s

・ ガールズバーのマネジメントについて

先日、「江戸川橋ガールズバーMeet」 の店長Kさんが、

女の子に、仕事の事で、「これどうやったらいいですか?」 と聞かれたら、「センスで」 と答えていて、「ほう!」 と思ったのです。

なぜなら、それは、僕の口癖なのです。

というか、僕が、銀座でバーテンダーをしていた時の、上司である店長の口癖だったのです。

さらに、もっと言うと、その店長の上司のマネージャーの口癖だったのです。

ちなみに、僕も、店長も、マネージャーも独立していて、皆繁盛店のオーナーになっています。(僕以外の2人は、銀座)

スタッフに、業務の事を聞かれた時に、「センスで」 って答えるというのは、

・ 仕事とは、自分で考えるものですよ。 
・ 重要でない意思決定は、自身でしましょう


というのを、簡潔に伝える言葉なんですよね。

決して、面倒くさいから、適当に返事をしているわけではないんです 笑

こうやって、仕事に対するマインドが、受け継がれていくんだなぁ と、思ったのでした。



やはり、長くいるスタッフは、話し方が似てきます。 それは、キャストも一緒で、

昔、僕がガールズバーの現場に出ていた時、

信頼関係ができているキャストは、僕の口癖移っていました。


僕は、「すごくないですか?」 と、ちょっと独特なトーンで言う口癖があったんですけど、

当時、皆言っていました 笑

辞めてから、久々に会っても、その口癖を言っていて、ちょっと笑いました。

んで、その言い方は、元々、ライブドア堀江さんが言うんですよね。

僕は、いつも堀江さんの対談動画を見ていたので、堀江さんから移っていたんですね。

余談ですが、以前、堀江さんに、ガールズバーを展開していく為に、アドバイスをもらおうと聞いたら、

「ガールズバーなんて、風営法でグレーなんだから、辞めたほうがいい」 と、スッパリ言われました 笑

口癖とか、話し方が似てくるかどうかって、

マネジメントできているか、信頼関係ができているかの判断材料になります。



・ 神楽坂ガールズバーN メインサイト
・ 神楽坂ガールズバーN ブログ
・ 神楽坂ガールズバーN Twitter

a4b45aaca2f710adaf3fbb2d7734f668_s

※ こちらのブログは、サブブログなので、メインブログで書けない事を書いています。

初めての方は、サイト、メインブログを見てやってください!

o0300010013140910595 (1) n


10月~12月に、神楽坂でカラオケガールズバーを出店する為、カラオケスナックや、カラオケのあるガールズバー視察に行っています。

参考記事:「大阪のガールズバーへ視察旅行
 o0410022113612004082

最近は、音楽事業をやっていた時のミュージシャンを連れて、カラオケ巡りをしています。

※ 僕は、元々音楽事業をやっていました。 参考記事:「これからガールズバーを本気でやります



僕自身は、カラオケを全く行かないので、全然ニーズがわからなかったのですが、

たくさんお店に行くようにして、ちょっとずつ掴んできました。

色々な店舗に行って決めた、現時点でのカラオケガールズバーのヴィジョンは、

・ キャストが、たくさんいるお店にする

カラオケガールズバーは、「カラオケがあるから」 とか 「歌がメインだから」 と、

"キャストが少ない事の言い訳" にしていますが、

絶対に、キャストは、たくさん居たほうがお客様満足に繋がると思っているので、 

「神楽坂ガールズバーN」「江戸川橋ガールズバーMeet」同様、キャストはたくさん入れます。

・ セット制、ボトル制を選べるようにする

以前、メインブログで書いていますが、

参考記事:「ガールズバーの料金体系へのアンチテーゼ

ボトル制は、お客様満足に関係なく、「一番最初が一番高い」 というのは、

サービス業としてイケていないのでやらない予定でした。

しかし、ボトルを、仲の良い常連さんでシェアしたり、

キープボトルの名前を見て、「あ、あの人このお店に来ているんだ」 とか、

ボトルを介したコミュニケーションが生まれていたりして、これは面白いなと思ったので、

「セット制」、「ボトル制」 で選べるようにします。


・ 安売りはしない

カラオケスナックのよくある料金設定の、

最初3000円とか4000円で、飲み放題でずっと居ていいとか、1時間毎に1000円プラスというような価格設定では、商売にならないので、やりません。

"安売りはせず、付加価値を付けて、適正価格で"

というのが、僕の商売スタンスなので、

お酒もこだわって、キャストもたくさんいて、「N」「Meet」 同様の料金設定にします。

そして、カラオケチケットか、数曲いくら というような設定にします。

つまり、「N」「Meet」の、カラオケあるバージョンで、セット制、ボトル制が選べるガールズバー

というのが、現時点で完成イメージとして考えています。

早くOPENしたいなあ。



・ 神楽坂ガールズバーN メインサイト
・ 神楽坂ガールズバーN ブログ
・ 神楽坂ガールズバーN Twitter

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

※ こちらのブログは、サブブログなので、メインブログで書けない事を書いています。

初めての方は、サイト、メインブログを見てやってください!

o0300010013140910595 (1) n

毎度の話ですが、

このサブブログは、「神楽坂 ガールズバー」 で上位表示をするという意向で運用しています。

現在、「神楽坂 ガールズバー」で検索すると、

1位 神楽坂ガールズバーN サイト
2位 神楽坂ガールズバーN Twitter
3位 神楽坂ガールズバーN ブログ

となっており、

4位または、5位を目指すサイトとして、この、「神楽坂ガールズバーNサブブログ」 があります。

現在、19位くらいにいますね。

「神楽坂ガールズバーN メインサイト」 「神楽坂ガールズバーN ブログ」 からリンクを貼るだけで、一気に順位が上がるのですが、それは戦略としてやりません。



で、このサイトの施策はもちろんですが、メインサイトと、メインブログの施策もやっています。

その中の一つが、「神楽坂ガールズバーN ブログ」 のリライト作業です。

過去記事の内容を、少しずつ書き換えているんですね。
 
検索で、飛んできた人を掴めるように、

そして、Googleから見て、「ガールズバーのサイトとして優れている」 と認識されるように。

ただ、Googleから見て優れている事と、お客様から見てみやすい事は、必ずしも合致しません。

※ Googleはすごいので、そのうち合致するようになってくると思います。

IMG_1013

例えば、↑ が、スマートフォンで見た時の記事なのですが、

記事タイトルは、30文字ま表示できるのですが、

実際30文字にして、「ガールズバー」 というワードを、記事タイトルに含ませたほうが、現時点ではGoogleからの評価が高くなる傾向にあります。

でも、お客様からしたら、30文字の記事タイトルは認識しづらいのです。

お客様が、パッと見て、内容を認識できるのは、20文字前後なんですね。

その為、Googleからの見栄えと、

お客様からの見栄えのバランスを取る為の、

記事のリライト作業に力を入れているのです。


いや、こんな事書かれても、お客様は、なんのこっちゃですよね 笑



何が言いたいのかというと、

ガールズバー経営は、現場でのサービスレベル如何もありますが、

水面下のこういう研究も必要で、

"現場" と、"水面下の施策" の両輪でないと、うまく回っていかないという事。

という、たまには、仕事しているアピールでしたー。

さぁ、飲みに行こうかなぁ。



・ 神楽坂ガールズバーN メインサイト
・ 神楽坂ガールズバーN ブログ
・ 神楽坂ガールズバーN Twitter

↑このページのトップヘ