8ba12bfc93bc6130e3ad904b49a8c0f2_s


2018年10月現在、

「神楽坂 ガールズバー」での検索ランキングは、こんな感じ↓

1位 神楽坂ガールズバーN Twitter
2位 他ガールズバー
3位 神楽坂ガールズバーMeet サイト
4位 神楽坂ガールズバーN 取材記事
5位 神楽坂ガールズバーN サイト
6位 神楽坂ガールズバーAmour サイト
7位 ガールズバーウォーカー
8位 神楽坂ガールズバーN ガールズバーウォーカー
9位 神楽坂ガールズバーN ブログ
10位 an

神楽坂ガールズバーNがOPENしてから、6年。

10店舗くらいのガールズバーが増え、今月も2店舗のガールズバーが増えているのにも関わらず、

僕の、神楽坂ガールズバーN、神楽坂ガールズバーMeet、神楽坂ガールズバーAmourで独占しています。

皆さん、「神楽坂ガールズバーN」お待ちしておりますね。

site

2位、7位、10位が、邪魔なんだよなぁ。

7位は、ガールズバーのポータル
10位は、上場企業のアルバイト募集サイトだから、

ある程度は仕方ないとして、

2位に、他店ガールズバーを入れてしまっているのは、良くない。

これには、理由があって、

今までは、

「神楽坂」にはターゲットしていなくて、

「都内全域」をターゲットに狙った検索対策だったんです。


それでも、

他ガールズバーの検索対策が弱いので、

全然「神楽坂 ガールズバー」でも出てきていたんですけど、

他ガールズバーが頑張りだしたので、

「東京 ガールズバー」という、都内全域を狙ったターゲットだと、順位を逃す事が出てきたんです。

あと、僕が神楽坂ガールズバーMeetの現場に出るようになったり、その前から遊んでいて(笑)、

2年くらいWEBを触ってなかったからですね。

これを、ちゃんと「神楽坂」を狙えば、すぐに順位が戻ると思います。

例えば、

神楽坂ガールズバーNの、サイトのタイトルですが、

例:(今まで)東京・神楽坂ガールズバーN
例:(今)神楽坂ガールズバーN

↑ 今みたいに、狙ったワードが一番最初に来ていないと、だめなんです。

今までの「東京・神楽坂ガールズバー」の表記だと、

Googleは「神楽坂のサイト」というより、「東京のサイト」と認識してしまう。

他にも、

神楽坂ガールズバーNの、ブログのタイトルですが、

例:(今まで)【アルバイト求人中!】神楽坂ガールズバーN
例:(今)神楽坂ガールズバーN ブログ

↑ これもそうですね。

狙ったキーワード(神楽坂 ガールズバー)が、最初に来ていないとダメ。

SEO的には、あったりまえの事なんですけど、

外部要因的に、検索対策のフェーズが変わってきているという事ですね。 対応します。


ちなみに、

【アルバイト求人中!】って表記は、

ガールズバー業界で、僕が始めたんですけど、

都内10店舗くらいのガールズバーが真似してくれています 笑

アルバイト募集のページとか、

ガールズバーのアルバイトサイト「girlsbar.work」とかも、

丸パクリしてくれているガールズバーさんもたくさんいます。

怒っているどころか、大歓迎で、とーっても嬉しいです!

真似していただけるくらい、有用なものを生み出しているなんて、僕すごいですもんね。

…っていうか、

パクられたなんて、しょうもない事言ってる経営者って、しょぼいですよね。

該当するガールズバーオーナーたくさん知っているけど、心が狭い!

皆で、ガールズバー業界を盛り上げたらいいじゃんねぇ。 

そもそも、

このサブブログで書いている、SEOの事を真似するだけで、

神楽坂のガールズバー業界では、うちの競合になりえるわけだけど、

僕は、そんなケチくさい事言わないの。

そもそも、

僕も、ガールズバー業界ではないイケているサイトから、たくさんパクっているの。

ガールズバー業界が遅れていて、イケていないところだけだから。



…って事で、広域を狙ったワードを止めていくことにします。

このサブブログ「神楽坂ガールズバー.jp」と、
ガールズバーアルバイトサイト「girlsbar.work」の2つを、

「神楽坂 ガールズバー」検索のTOP10位に入れていくと、

1位~10位まで独占していけるんですけど。

これを、"検索ジャック" と呼んでいて、

今まで色々な業態で、検索順位1位~5位すべて自社サイトとかを実現していました。


ま。でも、このサイトは、サテライト程度で、2ページ目(11位~20位)くらいでいいんですよね。

しっかし、一度、神楽坂ガールズバー.jpのドメイン更新を忘れてしまってから(笑)、このサイトが上がらなくなっている。悲しい。

でも、しっかり上げていきます。

誰にも見られずに、ちょっとずつ更新していきます。



しかし、神楽坂ガールズバーNの雑誌記事は、

メイン複数からの被リンク数本で、上に上がっていますね。

これを上げておくというのも、良い施策だったな。

これを考えると、どこかのポータルに被リンク貼るのもよいなと。

それよりも、自社サイトが負けている事がダメですよね。

がんばります。



しかし、神楽坂ガールズバーMeetのサイトは、

ほとんど、girlsbar.workからのリンク一発で上に上がっているので、良質なリンク1つのほうがいいんですよねぇ。

神楽坂ガールズバーNのサイトは、作ったのが7年前くらいなので、

まだ披リンクの数も重要だった時代で(今も有効ですが、量より品質が重要)、

余計なリンクもたくさん付いてしまっている。

オールドドメインの効果は、まだあるけど、

実は、ドメイン名もダサいのが気になっている…

新しいのを取得しても、すぐに上に上げられるのはわかっているし、

いまどき、ドメイン名なんて見ないというのがなのはわかっているんだけど、

作っている側からしたら気になる…



というか、検索で、ガールズバーウォーカーが入ってきているけど、

ガールズバーウォーカーとかにお金を払っている、ガールズバーって、どういう事なんだろう。

あそこからの集客なんてないだろうし。

ガールズバーウォーカーを見てくる人とかいるのかな?

(ま、まさか、いるのか!?)

うちのガールズバーは、お金出していないから、

番号と住所くらいしか載っていなくても、検索に入っているから、

一番低価格なものにして、とりあえず情報入れておくくらいなら意味あるかな。

拾いサイトの1つとしてなら。

そもそも、ガールズバーウォーカーなんて、今まで検索にまったく出てこなかったからね。

ポータルとして遅れているんだけど、

ガールズバーというのは、風営法でグレーだから、大手が手を出さないところに旨みがあるのだろう。

ちょっとうらやましくなってきた。(単純)



このサブブログ「神楽坂ガールズバー.jp」は、弱くなってしまっているので、

1ページ(このページ)だけ、しっかり神楽坂コンテンツを書き込んで、

ここが検索で上がるようにしていく為、どんどん追記していっています。

記事数はそこそこあるので、

ちゃんとボリュームのある(3,000文字くらい)が一発あったほうがいいなと。

ちょっとずつ画像とかも入れて、最低限読めるのにしていきます。